家ペディア :: IEPEDIA - 三井ホーム施主ブログ -

50坪の土地に延床面積33坪。2Fリビングの小さな家を三井ホームのセレクトオーダーで建築している様子を記録したブログ。こだわりの少ないお家ですが、これから家を建てようとしている方や建築中の方など、家づくりのヒントや参考になれば幸いです。

結局地鎮祭は3月4日に。そして土地決済が3月3日に決定。

    @dampedia

IMG_2978

前回3月12日に行うとお伝えしていた地鎮祭ですが、工事業者の手配が間に合わず、結局3月4日に行われることになりました。私と妻と三井ホームさんの都合が合致しないとなかなか難しいものですね。今回は神主さんの都合も考慮しないといけないわけですし。

気がつけばもう今週には地鎮祭が行われるわけですが、神主さんに費用を支払わなければなりません。地鎮祭のことが詳しく書かれてるサイトには「費用は神社や神主さんに直接聞いてみてもOK」と書いてあったので、聞いてみたのですが「私は知らん」と言われてしまいました(笑)

結局三井ホームの営業さんに聞いたところ、相場としては3万円ぐらいだろうということに。神主さんへの費用は「初穂料(はつほりょう)」とか「玉串料(たまぐしりょう)」と言います。

お金は金封に入れて渡すので買ってきました。ついでに筆ペンも買ってきました。金封でなくてものし袋でも良いようです。百均で売られているものでも良いのでしょうが、なんというか個人的にはちゃんとしたものの方が良いように感じたので、百均のものにはしませんでした。

私が購入した金封は↓のものです。


筆ペンはぺんてるのものです。


筆ペンなんてずっと書いてないのでちょっと練習してみました。

IMG_2980

・・・いや、本来なら「初穂料」とか「玉串料」とか書くんですけどねっ。

あと、土地代金の残金の支払いが前日の3月3日に行われることになりました。まぁ、じゃなきゃ地鎮祭が出来ませんからね(笑)

というより、諸事情あるとはいえ、かなりギリギリなスケジュール。大丈夫かな・・・。

我が家は土地もローンに含めるので、三井ホームさんに立て替えてもらう形で一旦私の口座に大金がどーんと入ることになります。そして地主さんの口座に再度振り込まれて、これにてようやく土地が私のものになります。

ちなみに不動産屋さんへの仲介手数料は基本的にはこのタイミングで支払うことになります。あと所有権移転登記の費用も司法書士さんに支払わなければなりません(自分でやれる場合はその分が節約できますね)。

次回は土地代金の決済の様子などお伝えできればと思います。

 - お金(ローン/保険など), ハウスメーカー選びなど